付き合って1年。彼は26歳、私は25歳です。共通の友人が紹介してくれたんです。もうすぐ、私は26。そろそろ、結婚の話が出るかななんて思って内心、プロポーズされたらどうしようとドキドキの毎日でした。ところがそれどころか、最近、ふたりのデートだとあまり会話もなく、何を聞いても「あー」とか「うー」とか。友だちカップルと一緒だったり、彼の男友だちや私の女友だちが入ると妙にハイになる彼。これはきっと私から結婚話が出るのがイヤなんだなと思ったら、私もふいに冷めてしまい、そんなグループ交際が楽しくなりました。すると彼が「お前、ふたりの時よりみんなが一緒の時の方が楽しいだろ」なんて言われて、頭にきました。といって自分自身、彼からのプロポーズを待っているという心境でもありません。彼のことは好きですけど。

これは少々、マンネリかもしれませんね。彼の方は当初、マンネリを友だちとのグループ交際で紛らわそうとしたのです。あなたが言うように”プロポーズを避けて”というほど強い気持ちはなかったと思います。
あなたの方も知らず知らずのうちにマンネリになっていて、それを結婚=プロポーズという”事件”で突破したかったのです。ところが彼の策であなたのマンネリも解消して、生き生きしてきた、そんなところでしょうか。
結局のところ、あなたの結婚願望はさほど強くなかったのではないかと思います。というか、彼への愛が深まって結婚へというルートではなかったのです。だからグループ交際で気が紛れれば、それで結婚への気持ちもひっこんでしまったということなのです。たぶん、彼のこと好きだけど、”結婚”するかどうかわからない。もちろん、何かきっかけがあれば”結婚する場合もある。
今のままで、グループ交際をしばらく続けてみてはどうですか。単なるカンですが、あなたにはまた別の男性が現われそうな気がします。そして、その男性の出現がふたりの愛のカンフル剤になって、停滞状況がブレイクしそう。
もしかしたら彼の方にも女性が現われるかも。どちらにしてもふたりの今の愛は、愛というのも恋というのもあてはまらない中途半端な状況といえます。だから結婚も考えず別れももちろん考える必要もなく、しばらくはまわりの状況にたゆたっているのが賢明です。
それを無理に動かすとふたりとも後悔が残ります。感情的にもなるでしょう。彼から「みんなといる時の方が楽しいだろ」と言われて、大ゲンカにならなかったのはよかったです。
しかし逆に考えて、「あなたこそ、私にプロポーズする機会をつくりたくなかったんでしょ」と言い返せなかったあなたはやはり、彼との愛の進行に不安があったのです。今、少し、自分の気持ちが動く方向を見守りましょう。

参考記事:出会いがない社会人のあなたに朗報!出会いを増やす13の方法