私は、いわゆる”おじさま”がとても苦手です。だから不倫の恋なんて憧れるどころか、まったく私には関係のない世界のことです。ところがある時、取引先の部長と食事を、本当に偶然することになって、御馳走になりました。それから電話が月に1回くらいかかってきて、歌舞伎やバレエを観に行って食事をするパターンになりました。3カ月くらい電話のない時もあって、私は不倫とも思わないのですが、どうも、いくら相手の収入がいいといっても御馳走になりっ放し、チケット代も払わせているというのが心苦しいのです。そこで何か、お返しをしたいのですが、それは失礼にはならないのでしょうか。また、何でも持っている人なので何をお礼すればいいのかも迷っています。ちなみに彼は47歳。お嬢さんを5つの時に事故で亡くされて、以来、奥さまとふたり暮らしです。

とても微妙かなと思います。何かを返す、お礼をするといっても、それはあなたからのプレゼントという形になってしまいます。たとえば、彼があなたの直属の上司で、仕事上、お世話になっているのであれば、まさにビジネスライクに割り切れます。お中元、お歳暮の習慣が日本にはあるからです。
でももちろん、不倫なんて言えないくらいのお付き合いとは思いますが、結局はプライベートな男女関係なわけです。
もしかしたら、彼はその亡くなったお嬢さんの面影をあなたに見ているだけかもしれない。あなただって、年に何回か、趣味の同じ年配の男性とリッチなデートを楽しむくらいの受け止め方でしょう。でも互いに好感を抱いていることに違いはありません。そしてそれはある瞬間、形を変えることがあるのです。
あなたが彼に何かをプレゼントすることが、その瞬間を呼ぶことになるかもしれないなぁと思ったりもするわけです。だからむしろ、彼に付き合ってあげることが彼に対しての礼だと思って、何もしないのがよいのではないでしょうか。
もちろん、彼はあなたからのプレゼントを失礼と思うどころか、とても嬉しく思うでしょうね。でも、一体、あなたは何をプレゼントしますか?そう、迷っているはずですね。まさか、お中元のごとく豊年油とか三輪そうめんってわけにもいかないでしょうし、彼の個人的な装身具も妙だし、奥さまのブラウスでも突拍子がない。
それにしても、彼はあなたとの会食を奥さまに言っていると思いますか?私は言ってないと思います。そうすると、個人的なプレゼントをもらうことでより、あなたとの仲が”秘め事”になっていくのです。
お礼よりも、あなたがもし心苦しいのなら、2回に1回は誘いをお断りすることの方がよいと思います。

参考記事: