彼から猛烈にアタックされて付き合うようになって1年。最初の頃は、キミのような女は二度と見つからないだろうと口癖のように言っていた彼なのに、近頃出る言葉といったら文句ばかり。私もいけないところがあれば直したいと思ってはいますが、あまりあれこれ言われると、自分に自信が持てなくなります。ひょっとして私、嫌われたのかもしれません。そういえば、以前のようにプレゼントもくれなくなったし、スノビッシュなレストランに誘ってもくれません。彼に大切にされるにはどうすればいいのでしょうか。

親しき仲にも礼儀ありと言われるように、たとえ親子であろうと、言っていいことと悪いことがありますよね。悪いことを言う場合でも、その言い方っていうのがある。親だって子供にひどい言い方をされると泣いてしまうことだってあるものです。
ところが人間関係に甘えがあると、そういった礼儀を守れなくなるのが世の常でして、ひどい言葉がポロっと口からこぼれてしまう。後になって、マズかったかな、と気にはかかっても、まっいいか、と何もなかった顔をする。これほど親しい関係だから、絶対に許されるだろうという安心が、甘えの構造としてあるのです。
あなたと彼の場合も、確実にそのパターンで文句やグチのオンパレードになっている。
要するに、彼はあなたに対して甘えを持っているのです。
あなたは、「悪いところがあれば直す」という、とても素直な女性。そして「自分に自信がなくなる」という点から弱気なところも見られます。ひょっとして、彼との間に自然と強弱の位置づけができてしまっているのではないかしら。
たぶん、あなたは彼に抵抗する人ではないはず。文句を言われたら、売り言葉に買い言葉でやっつける人であれば、そうそう彼だって強気ではいられない。あなたのか弱さが彼の甘えを増長しているように思います。
はっきり言って、この状態は非常にマズい。このままでいくと、完璧にサドとマゾの関係になってしまいます。絶対にリフレッシュさせる必要がある。
憧れの女性にアタックして自分のものになった。考えるに、今のあなたの彼は、巨大な魚を釣って満足している時期じゃないかしら。そして釣った魚には餌は要らない、とプレゼントもしなければ、ホメることもしない。これは恋が安定期に入った男性側にありがちな油断と思いあがり以外の何ものでもありません。
今、あなたは自己嫌悪に浸っている場合じゃありません。釣れた魚だって、スキを見れば逃げることを彼に悟らせる時です。たとえば、ボーイフレンドといっぱいデートするとか、彼を不安のどん底に陥れる方法はいろいろあります。素直さだけが彼とうまくいく恋の潤滑油ではない。恋にはこんな駆け引きが必要な時だってあるのです。

参考記事: